内容

本ワークショップの学習内容の概要は以下の通りです:

  1. 適切な輸出入、シッピングおよび税関の管理
  2. 輸出入取引実施の技術的準備
  3. 信用状 (L/C)
  4. 2017年のBTKI(インドネシア関税分類)HSコードと関税率の変更

目的と利益効果

  1. 税関業務の実施機関である関税総局の組織、業務手順をイメージできるようになる。
  2. 関税に関する国際貿易の概略を理解できるようになる。
  3. 輸出入の実施手順(関税の税率・額を含む)を理解できるようになる。
  4. 2017年のBTKI(インドネシア関税分類)HSコードと関税の変更により生じ得るリスクの理解と対処法
  5. 輸出入取引および保税地区における取引の所得税、付加価値税の税務およびその優遇措置を理解できるようになる。
  6. 輸出入分野の知識、技能が向上し、輸出入が円滑になり、コストを抑制できるようになることが望まれる。

ファシリテーター/講演者

Kurniawan,氏 | 関税総局担当官 (DJBC)*

10年以上の経験を有するインドネシアの輸出入のベテラン、実務家. 現在、LSP EII(インドネシア輸出入検定機関)所長

*) 出席未定

日付 2019年4月24-25 日 (水曜日~木曜日)
時間 09:00 - 16:00
場所 Aloft Hotel
Jl. KH. Wahid Hasyim No. 92
Jakarta Pusat
使用言語 インドネシア語

参加費はRp3,740,000 (消費税10%含)、先着20名とさせていただきます。
ぜひ、御社のご担当者様にご参加いただければと存じます。
講習会に関するご質問、お問い合わせは下記まで。

register.png

お問い合わせ先(日本語可)

担当: ジャンセン (Mr. Jansen)
メール: HRT.id@jac-recruitment.com
電話番号: 021 314 8009